お得に旅する!格安航空券ってそもそも何?

 

格安航空券は格安で手に入る航空券

航空券とは、「航空会社が個人包括用に旅行会社に卸している割引料金の航空券」のことを指しています。
これは簡単に言えば本来はツアー用として販売されていた航空券を、航空会社から購入した旅行会社や旅行代理店が安く販売しているということになります。そのため従来の航空券と比較すると安く航空券を購入できるというメリットがあり、航空会社からではなく旅行代理店から購入できるという特徴を持っているのです。

ちなみに格安航空券の正式名称は「個人包括運賃(IT)であり、従来のツアー用の航空券が個人向けにバラ売りされていることを言います。ただあくまで元々がツアー用だったものであるため、購入したからと言って必ずツアー用になるとは限りません。

通常の航空券やPEX航空券との違い

そこで気になってくるのが、格安航空券と通常の航空券、そしてPEX航空券との違いです。
通常の航空券は種類によって航空券の料金が異なっていますが、格安航空券やPEX航空券と比較するとやや高めの設定になっています。その分様々なサービスを無料で利用できるほか、マイレージやキャンセルなどの融通が利くところがポイントです。同じようにマイレージやキャンセルなどの融通が利くPEX航空券は、航空会社各社のオリジナルの航空券として販売されています。こちらは通常の航空券よりは安く、格安航空券よりもやや高めの料金設定が特徴です。

そして格安航空券はどの種類であっても格安で購入できるというメリットがある反面、マイレージやキャンセルなどができなかったり有料サービスが多いところがほかの航空券との大きな違いだと言われています。

格安航空券とは、通常の航空券よりも安く手に入れられる航空券のことです。旅行会社が団体旅行用に購入した航空券を個人向けに販売するチケットやただ単に格安価格で販売されているチケットのことです。