知っておきたい!格安航空券のデメリット

 

購入やキャンセルにおけるデメリット

パックツアーの航空券を個人向けに販売していため、価格が安くなっている格安航空券ですが、様々なデメリットがあります。まず購入に関してですが、格安航空券は人気が高いため、早めに購入しなければなりません。旅行直前だと、売り切れてしまう場合があるからです。そのため、早めに旅行の計画を立てる必要があります。また、キャンセルについても問題があります。通常の航空券は、直前でなければ無料でキャンセルすることができますが、格安航空券では、どの時点でキャンセルしても一定の料金が発生します。もちろん、予約した後での変更手続きなどはできません。さらに、キャンセル自体ができない場合もありますので、購入前に確認しておくことが大切です。

費用や時間の面でのデメリット

そして格安航空券には、費用の面でのデメリットも存在します。チケット自体は格安ですが、機内での飲食サービスや荷物を預ける場合などは有料となっています。チケットの安さだけに気を取られていると、結果的に予想以上の料金がかかってしまい、かえって割高になってしまう場合もあります。他にも、出発の時間帯が不便であるという点もデメリットです。格安航空券では、国内の出発時間が夜である場合が多く、現地の出発時間も早朝になるということがあります。そのため、現地でのスケジュール調整が上手くいかず、観光を楽しめないという事態も発生してしまいます。価格の安さが魅力の格安航空券ですが、デメリットもしっかりと考慮しておく必要があります。