何がおすすめ?旅先での移動方法

 

公共交通機関を利用する

旅先での一般的な移動方法として、バスや電車といった公共交通機関を利用する方法が考えられます。日本の公共交通機関は比較的正確な時間に来てくれますから、旅行計画が立てやすいというメリットがあります。また、自分で運転する必要がないため乗車している間はゆっくりできることも大きなメリットと言えます。バスや電車の車窓からゆっくりと流れる景色を見るのが旅の醍醐味の一つと考える人も多くいます。

一方で、公共交通機関は細かい場所までは直接行ってくれず、バス停や駅から目的地へは歩かなければなりません。また、地方では公共交通機関を一本乗り過ごしてしまうと、その後数時間以上待たなければ次がやって来ない場合もあるため注意が必要になります。長距離を移動する場合はトイレ休憩が取りづらいことにも気を付けなければいけません。

レンタカーを借りて利用する

旅先での移動方法で、もう一つの一般的な方法として、レンタカーの利用が考えられます。自分で運転することが出来るため、時間に縛られることなく、様々な場所に移動することが出来ます。公共交通機関と違って、周りの人に気を使う必要もありません。このことは特に子ども連れの家庭の場合に大きなメリットとなるでしょう。

しかし、自分達で車を運転する場合は運転者の疲労を考えなければいけません。特に知らない土地を運転する場合は、運転に慣れている人でも通常より疲労感を感じてしまうものです。適切に休憩をとるようにしないと思わぬ事故を起こしてしまうこともあるでしょう。レンタカーを借りる方が、公共交通機関を利用するよりも費用がかかるケースが多いと言うことも考えておく必要があります。